ビキニラインの黒ずみ原因

5c890a381257a971016bd7dc68ab5ca3_s

ビキニラインの黒ずみがあると、海やプール、温泉施設などで水着になることも非常に抵抗が出てきますよね。
なぜビキニラインの黒ずみができるのか、その原因と対策について探っていきます。

まず1つ考えられるのは、ショーツなどの下着と肌が擦れることによって黒ずむことです。
黒ずみはそもそも肌の摩擦によって起こるものです。摩擦をすることで肌に防御反応が現れ、メラニンを作り出して角質を厚くしてしまいます。すると着色作用が起こり、黒ずみが残り続けてしまうのです。
摩擦は肌着だけではなく、ホットパンツやスキニーといった、体に密着するようなものは摩擦から黒ずみを起こす原因にもなっています。特にデリケートゾーンは生理用品のよる摩擦があり、雑菌も生まれやすく、かぶれや炎症も起こしやすい場所なので特に注意が必要です。

また女性の場合はムダ毛の処理をされるかと思いますが、その際にも刺激の強い処理を施すと毛穴が黒ずむ恐れがあります。特にデリケートゾーンに関してはカミソリで処理をすると皮膚が柔らかいため与える刺激も大きく、黒ずみやすいです。ワックスや脱毛テープも同様ですが、ビキニラインはこういった強い刺激で肌が防御反応を起こして色素が沈着してしまいます。

黒ずみをなくすためには、まず以上のような黒ずみとなる習慣を改善するところから始まります。また間違った認識を正すことも同時に必要になってきます。
共通する認識としては「摩擦」「強い刺激」を避けるということ。黒ずみをゴシゴシ洗うようなことをしては逆効果になります。黒ずみはこすっても取れるものではありませんので、間違った認識は改善してください。下着等の締め付けがある場合は優しい素材のものに改めるか、余裕のある、体に合ったものを使用してください。

そしてビキニラインは肌以上にデリケートな部分なので、お風呂上りはクリームなどでケアをしてあげることが大切になります。今では市販でも非常に効果的な化粧品が販売されていますので、試されてみてはいかがでしょうか。

化粧品のケアの他には、リンゴ酢を使うことで血行や新陳代謝を良くする働きがあり、これは海外でも非常に人気のある方法です。リンゴ酢と水を1:3で割り、デリケートゾーンの使用には特に無添加の酢を使用するようにしましょう。
またビタミンC、ビタミンエの摂取によって抗酸化作用を高めて美肌効果を高くします。

あまりにひどい時はこれらに頼らず、まずはクリニックの受診をしましょう。即効性が一番高い方法はデリケートゾーン専用の化粧品です。これらを踏まえて、黒ずみ改善に励んでみてください。

ビキニライン黒ずみを改善するには